2008年09月30日

沖縄&与論島の旅(長文)

春泥一家、先週は旅行に行って来ました飛行機

行き先は、沖縄、そして与論島exclamation

話の発端は、春泥夫が「与論島に行きたい」と言い出したこと。
その理由が「物件を見たい」あせあせ(飛び散る汗)

釣りが好きで南の島への移住を夢見る春泥夫。
これまでもしょっちゅう、沖縄や屋久島などの物件の資料請求をしていましたが、実際に見に行きたい、というのは初めてダッシュ(走り出すさま)

日程は3泊4日しか都合つかず、それなら沖縄にも行きたいexclamationと春泥がリクエストし、沖縄&与論島の旅の実現となりました。

ただし、当の本人はその4日前から五島列島(長崎)に会社の同僚と釣りに行っているので沖縄で落ち合おうとのこと。
今までもインチョン(韓国)、ロス、プノンペン(カンボジア)色んな空港で落ち合ってきたし、一人だったらいいけれど、今回芽吹は初飛行機
どんな旅になりますことやら・・・。

旅行一日目晴れ
ノロノロ台風13号もどうにか去り、晴れ。
朝8時5分のフライトのため、早朝6時半に出発。
しかし時間配分を誤り、最寄り駅まで荷物抱えベビーカーを押して猛ダッシュ。寝起きの体に堪えるふらふら
その後も空港行きリムジンが空港に着いたのはフライト20分前。
荷物検査でひっかかり(手荷物に入っていた眉毛抜きか?)、飛行機乗り込みはほとんど最後。買おうと思っていた飲み物も買えず、搭乗までの雰囲気を楽しむこともなく飛行機は離陸。ともかく、間に合ってよかった。

今回はクラスJのゆったり席で芽吹を抱っこ。一応彼女も飛行機を理解していて、嬉しそう。ただ、真ん中の席なので外はあまり見えず。
付属のヘッドホンで遊んだり、スチュワーデスさんが持ってきてくれた絵本や、雑誌を見たり、パンを食べたり、おとなしくしていてくれてほっ。離陸の際耳も痛がらなかったし、途中通路を一通り歩き、トイレにも入り、窓から外を見たりして、その後もおとなしく着席。寝てくれればなお良いんだけれどとは思いつつ、なんか余裕かしらるんるん
・・・と思ったのが甘かった。
「これから15分後に着陸します」のアナウンス後、突然芽吹が暴れだす。本当に物凄い力でバタバタ暴れ、手から滑り落ち床に倒れて泣き喚く。飛行機はどんどん降下中。結局着陸の瞬間は立った状態の芽吹きを両手で抱きかかえ、終了。
はー。危なかった。耳が痛かったのか?突然眠気が襲ったのか?

ぐったりして到着ロビーへ。夫の姿は見えず。
結局彼は空港の外、レンタカーの中で待機していた。ちぇっ。
彼は彼で何度も電話したのに出なかったってバッド(下向き矢印)。大変だったのよー音楽

気を取り直し、とりあえず国際通りでランチして軽く散策。
灼熱の太陽。ものすごい湿度。これが沖縄なのねexclamationと洗礼を受けた感じ。

その後ついでだからと沖縄の物件(土地)をまずチェック。
エメラルドグリーンの海はきれいだったけど、断崖絶壁でイマイチかな?

IMGP1735-1.JPG

その後名護のジャスコに寄りオムツなどを買った後ようやくホテルへ。
今回の宿は友人イチオシのザ・ブセナテラス。バリなど海外リゾートっぽくてなかなか素敵なホテルでした。
ホテルの都合で部屋もグレードアップしてもらい、なんとジャグジー付のスイートタイプ。嬉しいぴかぴか(新しい)

IMGP1744-1.JPG

その日はジャグジーにつかり夕食にホテルで沖縄料理を食べて終了。

二日目晴れ
早起きして美ら海水族館へ。9時到着。さすがにまだ空いていてスイスイ見れて堪能。黒潮探検ガイドツアーやカフェからジンベイザメをゆっくり見たり、イルカショーも見てきました。やっぱり噂の巨大水槽は迫力が違いました。よかったー。(10時過ぎから混みだしてイモ洗い状態になってました。)

IMGP1752-1.JPG

その後沖縄そばを食べてまたジャスコに寄りホテルへ。
午後はグラスボートに乗ったりプールやホテル前のプライベートビーチで泳いだり。芽吹も初の本格プールと海で怖い半分楽しい半分。滑り台をしたり、「また入ってくるexclamation」と言っては随分長い時間水の中にいましたリゾート。夜はホテルで中華。

IMGP1803-1.JPG

三日目晴れ
今日は与論への移動日。12時のフライトなので、朝食後チェックアウトし空港へ。レンタカーを返して空港でお土産タイム。
琉球エアで一路与論島へ。40分のフライトは揺れもせずあっという間に到着。
宿は空港から5分のプリシアリゾートホテル
部屋が海側でなかったのでチェンジしてもらいコンドミニアムの2階の眺めのいいお部屋に。海の青さが半端じゃないぞexclamation×2

IMGP1851-1.JPG

さっそく海へ。沖縄のビーチは夕方だったし囲われた中でしか泳げなかったけれど、ここはかなり広い遊泳区域。顔をつけなくても魚がいっぱい泳いでいるのが見えるぴかぴか(新しい)
与論はさんご礁が隆起して出来た島、というだけあってか?砂浜も真っ白で日本とは思えず感動揺れるハート

IMGP1820-1.JPG<

その後シャワーを浴びてサンセットクルーズへ。夕日を見ながらの1時間のクルーズも気持ちよかったぴかぴか(新しい)夜はバーベキュー。

IMGP1827-1.JPG

四日目晴れ
おかげさまで最終日まで全て晴れ。いよいよこの旅の目的である与論島の物件を見に四時間のレンタカーを借りてGO。
最初の物件は、白亜の瀟洒な建物。でもネットで見たよりも傷んでいて、前の海岸もイマイチ。やはり実際見てみないと分からないものです。

IMGP1856-1.JPG

そしてもう一つの物件へ。ここはわりときれいに整備されていて、好印象。偶然土地の所有者の社長さん(現地在住)が通りがかりお話を伺う。社長さん自身東京の方なのだそう。でも今はこちらに移住してしまっているとか。沖縄風家屋で統一しているという、空き家の中も見せていただきました。

IMGP1862-1.JPG

与論は小さい島なので1時間もあれば一周してしまう。
途中作家の森瑤子さんのお墓(与論を気に入り別荘を建てていたとか)や、とても新しい小中高などもチェックしたりして、ランチを食べてドライブ終了。
帰途に着いたのでした。帰りの飛行機はクラスJに空席待ちで移動したため生憎前後の席。前半春泥が芽吹を抱っこ。上機嫌→不機嫌になりずっと騒いでいて途中で春泥夫に交代した途端寝ました。なんてっこったいどんっ(衝撃)
強風で帰りのフライトが1時間遅れたこと以外はスムーズで充実?の旅でした。

でもたっくさん行きそびれたところもあり、またゆっくり行きたいexclamationとすでに思っているところ。
えっ?移住の計画?どうなんでしょうねえ・・・たらーっ(汗)
春泥的には、南の島はやっぱり旅行で行くのがいい、気がします眼鏡

最後になりましたが、沖縄の宿を推薦してくれた柴田家、TDLに続き沖縄旅行のあれこれやラッシュガードなどを貸してくれたけんママ明美さん、おかげさまでよい旅行になりました。本当にありがとうるんるん


秋夕焼珊瑚ひとつを持ち帰り
posted by 春泥 at 00:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

菓子焼く&幼稚園選び

ノロノロ台風がようやく過ぎ去り、今日は台風一過晴れ
秋ですねかわいい

「菓子焼く」は私が所属する俳句グループで提唱している「秋」の新季語。
秋ってなぜかお菓子を焼きたくなる季節です。

以前、ピラティスの先生から「女の子は2歳過ぎると一緒にお菓子を作ったり出来るようになりますよ揺れるハート」とお聞きしていて、その時を夢見ていたものでした。

ようやく芽吹も、ボールの中のものを混ぜたり、生地をコネコネしたりできるようになって来ました。

先日は、ポンテケージョ、そして、この間はマドレーヌを作りましたよるんるん

IMGP1676-1.jpg

IMGP1716-1.JPG

本人も分かっているんだかいないんだか・・・。
「おいしーねーわーい(嬉しい顔)」とは言っていますが・・・。
でも意味分からないうちからやるのも、いいのかもしれません。
おままごとのキッチンセットでは何やらせっせと作ってくれるし・・・レストラン

さてさて、この秋は一つ上の学年の子たちの幼稚園受験シーズン。
その前の年から、秋の運動会などを回っておくといいよ、と先輩ママさんからアドバイスを受けておりました。

日程を調べたら、近隣の幼稚園の大多数が10月4日の開催exclamation
なんと、春泥はその日単独で出かける予定があって、行かれないことが判明してしまいました。がーんがく〜(落胆した顔)

まだ全くどこの幼稚園がいいか分からない状態のため、一つでも多くの幼稚園を今年中に見ておきたい、と思い、先日家から一番近い幼稚園の公開保育と説明会に一つ上の学年のママ友さんと参加目

まずビックリしたのが、説明会に参加した父兄のスーツ姿どんっ(衝撃)
ほとんどが紺色のスーツに身を包み、父親も同伴でびしっとスーツで来ている方も。ママ友さんいわく、「ここはまだラフな人も多いほうだよ」とのこと。
リクルートスーツもとい、お受験?スーツを用意しなければならないことを一つ学びました。
感想は・・・校舎もきれいで園庭もまあまあ広く、子供たちは元気系。週二回の給食、ということで可もなく不可もなく、という感じでしょうか。

その後、多分通わせることはないと思われるものの、またまた近くの、カトリック系有名幼稚園の学園祭にも参加。セレブママが多いと噂でしたが、おしゃれなママさんは多かったものの、子供や先生方もきちんとした印象で、好印象。こういう世界も悪くないな〜、などと思ったりして。

今年中に、あと少し行かれる日程の幼稚園の運動会も覗いてみる予定です。
春泥夫はシンプルに、歩いて行かれるところが一番、という意見。
春泥は、園庭が広くて土いじり(農作物を作ったり)が出来たり、水泳があったりする元気な幼稚園がいいな、とか、幼稚園でクラブ活動をしてくれて新体操などを習わせてくれるところもいいな、などと思っていますが、なかなかそういう理想的なところが近くにない・・・。
しつけに厳しいところがいい、という意見を聞けば然り、伸び伸び自由がいい、と聞けば然り。

今のところ小学校は公立に行かせる予定であり、幼稚園選びは悩むところでありますふらふら

かわいい最近の芽吹かわいい
・人形の顔を胸に当て「ママ見てexclamationパイパイ飲んでるよグッド(上向き矢印)
・夜なかなか寝ない芽吹の横で寝た振りをしていると、
「ママ、しっかりーexclamation×2」(←いったいどこで覚えた?使い方間違ってるぞたらーっ(汗)
・よく歌う歌るんるん
「じいじはぼくのママのパパ」「崖の上のポニョ」「ぶんぶんぶん」「かもめの水兵さん」など
・相変わらず歩くとすぐ疲れる芽吹。立ち止まって
「がんばんない」(頑張らない)
・「お名前は?」と「何歳ですか?」の質問に答えられるようになったものの、よく「お名前は?」に対して「二歳exclamation」と自信たっぷりに答えている。
また、名前は「みっき」と知らない人には聞こえるらしく、「みづきちゃんですか?」と聞かれる・・・。

大胆なポーズに秋の蚊の止まる
posted by 春泥 at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

電動自転車がやって来た♪

今宵は中秋の名月・・・。あいにく曇り空で無月となってしまいました。ザンネンもうやだ〜(悲しい顔) 
来月の十三夜ではお月見が出来るといいな。満月

ここのところ、俳句活動が俄かに忙しく、子育てさぼり気味の春泥ですあせあせ(飛び散る汗)
(それでも子は育つexclamation&question←もちろん家族のサポートがあってこそかわいい

さてさて、昨日我が家に電動自転車がやって来ましたぴかぴか(新しい)

そろそろベビーカーに乗らずに出かけることも出て来そうで、
かと言ってすぐ「抱っこー!」になるし、買い物でもした日にはもう大変、、、そんな時自転車があったらいいかもひらめき
・・・というのが理由その一。

もう一つは車の運転もしないし(ペーパーですたらーっ(汗))、川の近くの我が家は超低地。どこへ行くのも坂道をえんやこらダッシュ(走り出すさま)
そんな時自転車、しかも電動自転車があったらいいかもひらめき
・・・というのが理由その二。

そんなわけで自転車屋さんへ行ったのですが、
人一倍小柄なので、24インチもちょっと不安。
近所の商店街の自転車屋さんはとっても親切で、親身に相談に乗ってくださいました。
結局、6月に新発売になった20インチの電動自転車を、無理言って子ども乗せ仕様にわーい(嬉しい顔)

出来てきたら、ちょっと子どもの椅子がバカでかくて、ウフフな感じでしたが、まいっかー。
納品になって一番喜んでいるのは春泥夫で、実は電動アシスト付自転車に乗ってみたかったみたい・・・。
子どもを乗せると結構ぐらつくのでドキドキしながら乗っている春泥とは対照的に、すいすいーと走って行く夫でありましたドコモポイント

これからはいよいよ爽やかな季節到来。
二人で風を切ってサイクリングなんていうのもいいかもしれません。
(もちろん、事故には気をつけつつ…です。ハイ。)

IMGP1705-1.JPG

IMGP1711-1.JPG


爽やかやサイクルショップ混みあひて
posted by 春泥 at 23:22| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

リズミックミニコンサート

9月に入り、そろそろ秋めいてきてもいい頃だというのに、
このところの雷、豪雨・・・。いつもの年の秋雨とは明らかに違い、地球さん、大丈夫?と不安になります。
今日も午前中と夜の二回本降りの雨・・・。
早く爽やかな秋晴れの季節にならないかな・・・。

先日、芽吹が習っているリズミックで使っている歌のCDの歌手である、米国在住のMARINAちゃん(13歳)が来日し、ミニコンサートが開かれるというので行ってきました。

リズミック講座は、TMU(Teaching for Musical Understanding)というアメリカで注目の音楽教育法を取り入れた講座で、2歳児クラスでは、動物や虫、海、雨や風、いろんなものを身体や楽器で表現したり絵に描いたりしながら、音の高低、強弱、速い遅いなどを理解していく、ということなどを教えていただいています。
大きい動物、動きの遅い動物、小さい動物、速い動物、穏やかな海、荒れた海、雨、、、様々なものを想像して表現する力は、子供たちにとっても、これからの時代を生きていく上で大切な力になる、とこの教育法を提唱していてMARINAちゃんのお母様である近藤真子先生はおっしゃっていました。

コンサートは既に様々なミュージカルにも出演し、全米デビューを控えるMARINAちゃんの生歌でいつもの歌を踊ったりする、楽しいものでしたカラオケぴかぴか(新しい)

終了後にいつも教えていただいている柳沢晴子先生ともお話する時間があり、アメリカでは4歳から教えているこのメソッドを、日本では世界で初めて生後6ヶ月のベビーから教えている、今は2歳児クラスまでしかないけれど、要望があれば大きくなるまで習えるクラスを作りたい、このメソッドで大きくなった子どもは、楽譜を見なくても音楽を奏で作曲することも出来るようになる。ドレミから入った、型にはまった日本の音楽教育とは全く違う導入法。などなど。
音大ご出身で絵本作家でもある先生の、熱のこもったお言葉にはとても力があり、春泥自身も、ピアノとバイオリンを幼い頃から習い、音楽は大好きだけれど大して身につかなかった経験があり、先生のお人柄の魅力もあいまって、しばらく続けてみようかな、という思いを強くしたのでしたハートたち(複数ハート)
常々、世の中には感受性、想像力の足りない人が増えていると感じます。芽吹には、色々なものを自ら感じ、表現できる人になったもらいたいものです。(俳句にも通じますねるんるん

まだまだ分からんチンで、すごく集中して歌詞まで口ずさんでノリノリで踊っていたかと思うと、突然バタンと倒れて抱っこをせがんだり、
沢山の楽器をリズムに合わせて奏でる時間も演奏より楽器を持ってくることに夢中になったり、
想像を膨らませてテーマの絵を描いたりする時も上手く描けなかったり、、、
そんな2歳2ヶ月児ですが、もう少し長い目で見守りたいと思います。

IMG_0969-1.JPG

MARINAちゃんと揺れるハート

かわいい最近の芽吹かわいい

「さかさま」→「さかまさかま」
熊のぬいぐるみに自分の苗字をつけて「●●クマさんでしゅ!」と紹介。
洗濯物を畳む、たまねぎの皮をむく、巨峰の皮をむく、など。
一度だけパンツに挑戦!見事にお漏らししちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)
好きな食べ物:納豆、ガリ、もずく、酢の物、おしんこ、梅干、いくら、葡萄、みかん、麺類、トマト、胡瓜、南瓜などなど・・・。
嫌いな食べ物(食べられない):牛乳


アカペラの歌秋満ちて来たりけり
posted by 春泥 at 21:52| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。