2009年02月22日

お雛様が〜!

先週、一年ぶりの人間ドックを受けてきました。
何もないといいけどな〜。

午前中母に自宅で芽吹を預かってもらったので、帰宅後母に手伝ってもらい、今年も七段のお雛様を飾りましたかわいい

今年はすでに3回目の雛飾り。だいぶ理解も深まり昨年のようなソファのガードもせず飾ったのですが…。

「お雛様は見るだけで触らない!」と約束したのに、その誘惑には勝てず、お道具がちょっとずつ壊れて行く日々。まあ、ボンドで貼ったりすれば直るし、と怒りつつも大目に見ていた春泥。

しかし、事件は起こってしまいましたどんっ(衝撃)
傍に置いてあったカウンターの椅子に座りお雛様を眺めていた芽吹が、そのままお雛様の上に椅子ごと転倒ふらふら
芽吹は無事でしたが、お雛様の台が見事にひしゃげ、全ての人形が落下バッド(下向き矢印)
金屏風に穴はあくし、五人囃子の一人は首が取れてしまいました。
人形などはなんとか直ったものの、スチールのひしゃげはかなりのもの。春泥の力ではびくともしません…あせあせ(飛び散る汗)

DSC00326-1.JPG

向かって左下部分がひしゃげてます。お雛様たちは箱の上に避難。手前の椅子から芽吹は落ちましたあせあせ(飛び散る汗)

この雛飾りは春泥の初節句に買ったものでスチールの台もかなり古く、
組立ても面倒だったこともあり、思い切って買い換えることに…。

なんとかすぐ取り寄せていただき、新しい台に改めてお雛様を飾ったのでした。

新しい台はネジ式でなく、組立ても少し楽になっていました。
芽吹が無事だったことは何よりで、お雛様が守ってくれたのかな、と二人でお雛様に「ありがとうございました」とお礼を言ったのでした。

母が扱ってくれていた間はきれいだったお雛様たちも、この3年でどっとやつれた気が…。気のせいかしら。メンテナンスをしつつ、末長く大切にして行きたいお雛様です揺れるハート

DSC00333-1.JPG

無事新しい台に飾られたお雛様。芽吹もせっせと手伝ってくれましたたらーっ(汗)


飾られて明るき雛の間となりぬ



posted by 春泥 at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

仲良し♪そして初スキー!

最近の芽吹。
テレビで「母をたずねて三千里」のマルコと病床のお母さんが再会する感動のシーンで涙もうやだ〜(悲しい顔)。感情移入が出来るようになった?
びっくりの出来事でした目

先週、taka&ayaちゃんの家に半年振りに行ってきました。
最近はリズミックで同じ二歳児クラスになって毎週会っているけれど、お家で遊ぶのはまた格別の楽しさがあります。

リズミックでは双子のように似ている?と言われている二人。
すっかり仲良しになって、踊ったりオモチャで遊んだり、お砂遊びをしたり、目いっぱい楽しく過ごしました。
愛犬クッキーちゃんにも歓迎してもらって、嬉しかったねー。

DSC00287-1.JPG

お庭にカメさんお砂場がありますかわいい

春泥はと言えば、前回に引き続きtakaちゃんにお昼をご馳走になったり、親子でパン作りを体験させていただき、とっても美味しくてこれまた嬉しい時間でした。
DSC00289-1.JPG

DSC00291-1.JPG

ウィンナー&ハムのパンぴかぴか(新しい)

親子ともどもお世話になりましたハートたち(複数ハート)

そして、週末…
春泥夫が突然、スキーに行こう!と宣言。
行くなら両親の家の近くのスキー場へ、ということで土曜日の朝電話すると、今週末は家にいるとのこと。
そして、これから来ては夕方冷え込むし、天気は明日の方が良さそう。せっかくなら泊まって行けば、と言っていただき急遽一泊旅行となりました。
大急ぎで用意をして、昼過ぎ出発車(セダン)。途中でお昼を食べたり買い物をしたりして、着いたのは日が暮れてからでした。
また那須のアウトレットに行ってしまったーるんるん
スキーウェアは甥っ子のお下がりがあったので、芽吹と春泥のスノーブーツを買いましたグッド(上向き矢印)

翌朝早起きして義父も一緒に羽鳥湖スキー場へ。
チビっ子用ゲレンデもあり、ソリ専用の子どもゲレンデでソリを何本か滑り、芽吹の夢であった「雪だるま」作りも出来ました。
朝はカチコチだった雪も昼前にはあまりの温かさに溶け出し、雪質は今ひとつでしたが、初滑りだし十分楽しめたのでした。

DSC00301-1.JPG

じいじかっこいい!

DSC00306-1.JPG

雪が硬くて思うように雪だるまが作れず…ちびっこ雪だるまです揺れるハート

義父も他のもう少し大きいチビっ子たちを見て、「来年はもっと楽しめるよ」と言ってくださり、競技スキーサークル出身の春泥夫もやる気だし、また来年も滑りに来ようね。

…っていつか春泥だけ置いて行かれそう〜あせあせ(飛び散る汗)

その間トイレトレーニングは全くやる気なしだったけれど、最後に寄ったレストランで自らトイレへ行くと言い出して、初外大人トイレ成功でした手(チョキ)

父母に投げたる春の雪礫

posted by 春泥 at 23:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

初外トイレ

日毎、日が伸びて、日差しも春めいてくるのを感じる今日のこのごろです。

そしていよいよ花粉の時期も到来ですねー(長音記号1)

先週末は久しぶりに家族でお出かけ。
と言っても午後からスタートで途中道路状況で行き先を変えたりして、
結局行き着いたのは山中湖。

芽吹は家から眺めるのではなく真正面に聳え立つ雪冠の富士山、そして道路に残る雪に大喜び。そして、多分初めての「湖」。
山中湖はシーズンオフで閑散としていましたが、気持ちいい雪解風にあたって来ました。
今年、芽吹のスキーデビューの夢も捨ててないんですけどね〜あせあせ(飛び散る汗)

DSC00267-1.JPG

湖畔の残雪にステップを踏む芽吹雪

さて、トイレトレーニングですが、家にいる日のみ、なんとか続けていますたらーっ(汗)だいぶ大も小も、スムーズに出来るようになってきて、失敗も減ってきました。
今日は午前中、徒歩5分(芽吹の足で)のところにある保育園のリトミックへ「パンツで行くexclamation×2」と突然宣言。
初パンツ外出です。一応お漏らしパットは引いておきましたが、ドキドキ。でもまあ、会場が保育園だしちょうどいいかも。
先生や他の参加者にもご協力いただき、教室の前・途中・終了後、と三回トイレに行きました。
途中お漏らしもせず、最後に行ったトイレでちっち成功わーい(嬉しい顔)
実はこれが家以外で初めてのちっちでするんるん
お友達が実際にしているところを見たりして随分刺激になったようです。
その後もパンツを履きたがらず、午後の外出が少し長引き、ドキドキしてきた春泥の方が途中で一度オムツを履かせてしまったけれど、それ以外は無事一日中パンツで過ごしました。

これからはいよいよ、外出時に着替え、雑巾、一応オムツ、補助便座も?と色々荷物が増え、また途中で何度もトイレに連れて行く、という緊張の日々が始まるのだな〜。でも、芽吹も成長したいと一生懸命頑張っているようだし、最大限の協力を惜しまないよ、母はぴかぴか(新しい)
がんばれーモータースポーツ

昔は2歳までには、と言われていたトイレトレーニングだし、2才7ヶ月の芽吹に出来ないわけがないぞ!がんばんがんば。



湖(うみ)見ゆる遅めのランチ雪解風

posted by 春泥 at 23:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

立春

今日は立春かわいい
肌寒い一日ではありましたが、昨日はぽかぽか陽気だったし、梅もぼちぼち咲きだしています。春ですね〜揺れるハート
昨日の節分では、おうちで豆まき。スーパーでもらった全然怖くない鬼のお面を春泥がかぶって鬼役をしていたら、最初面白がっていた芽吹が突然泣き出し「ママ、取ってよ〜」と後ずさり。急に怖くなったんですね〜目

本日、この1ヶ月ほど苦しんでいた俳句総合誌への出句のための俳句が無事完成しました。
今回はたった8句のために、60句以上の俳句を作りましたたらーっ(汗)

あまりにダメダメで、週末は芽吹を連れて(夫は連日出社ふらふら)横浜へ俳句作りに出かけてきました。「あかいくつ」というバスに乗ったり、港の見える丘公園や山下公園、氷川丸の中を見たりホテルニューグランドに寄ったり、と精力的に歩いて来ました足
ものすごーく風の強い日でベビーカーも持たずに出かけ、かなり疲れましたが〜バッド(下向き矢印)(最近芽吹は「ベビーカー置いていくダッシュ(走り出すさま)」と言い放つことが多く…途中で絶対に抱っこになるのだがふらふら

DSC00220-1.JPG

港の見える丘公園晴れ

師匠の指導がなければ最初に作ったもので満足していたに違いないのですが、師匠はありがたきものぴかぴか(新しい)自分の甘さに気づかせていただき、なんとか無事良い作品が出来ました。まだまだ修行が足りない春泥です。
「俳○」という雑誌の4月号に出ますので読んでみてくださいねー。


話は変わって、昨年12月頃より行きだした近所の保育園でやっているリトミックで知り合った、ご近所のreneちゃんと初ご飯に行ってきました。
reneちゃんは6月生まれで芽吹とも月齢が近く、女の子同士で仲良く遊んでいました。ママさんは地元で生まれ育ち、ご主人も同じ学校の同級生という生粋のジモティーなのだそう。
幼稚園〜中学校を地元の学校に通ったそうで、引越ししたり私立に行ったりした春泥はそういうのって憧れます。しかも、同級生と結婚、またゆっくりお話を聞いてみたいものでするんるん

DSC00246-1.JPG



立春の日のドーナッツ屋混みあへる


posted by 春泥 at 23:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。