2009年10月31日

「赤い靴」と「くま子」

いよいよ幼稚園の考査日が迫りました。
悩みに悩み、とうとう不眠症にまでなった春泥でしたが、
夫婦で話し合い?、我が家らしい結論が出せたと思いますかわいい

はてさて、どちらにしたのでしょう?
決まったらご報告しますね・・・。
もし、決まらなかったら、・・・幼稚園浪人かも??



最近の芽吹は、ますますイマジネーションの広がりを見せております。

この間「赤い靴」という歌の意味を、
「知らない人について行くと、『いーじんさん』に連れられて行っちゃうからね」
と多少本当の意味とは違う解釈で教えたところ、
物凄く怖がって、「やだー」と絶叫どんっ(衝撃)
でも、気になるらしく、何度も何度もこの歌を歌えとせがまれます。
まだ短調の歌は本人には難しいようで歌えないようですが・・・。



リズミックでは、ハロウィーンのオバケの絵を描いたのですが、
初めて絵に「指」が描かれました。ちゃんと五本あって関心手(パー)
自分の描いたオバケの絵をピアノを使い音で表現するのですが、

「これは歩いているの」「走ってるところ」「最後は寝ちゃった」

と物語風に解説していました。モバQ

芽吹はオバケが「がおーっ」としているところを描いたのだけれど、他の子の絵もどれも素敵で、「きれいな声のするオバケ」とか「ピカピカ光るオバケ」とか。固定観念が根付かない、3歳児の今しか描けない絵の数々。まだ表現力は未熟だけれど、だからこその芸術。
そしてそれを奏でる音色やリズム。 
毎度のことながら、子どもってスゴイって感動の時間なのですぴかぴか(新しい)



家では、一人何役もやっており、日によって、
「私、ヒナおねえちゃんなのぴかぴか(新しい)」とか、芸名?が違ったりしますたらーっ(汗)



夜は、ベッドで本を1,2冊読み聞かせるのですが、
最近は「日本昔ばなし」にはまっています。
そして、本を読んで消灯した後も、今度は私にお話を作れと言います。
春泥夫が時々、適当な、でも意外と面白い話を芽吹に作ってしているので、私にも言ってくるようになりました。

これが結構大変!
本当の絵本のお話を思い出してしてみたり、その日にあった話をしてみたり、、、。
芽吹も結構厳しく、面白くないと
「違う話して」
と言いますバッド(下向き矢印)
面白いと、
「面白かったー。もう一回。」
とか、
「もっとー」
などと言ってくれますハートたち(複数ハート)

最近のヒットは「くま子」シリーズ。
叔母にもらった旭山動物園のしろくまのキーホルダーを芽吹が気に入って、ずっと遊んでいたので、その子と芽吹の友情物語を適当に作りました。

「くま子」はもともと「がま子」という蛙と住んでいましたが、家出をして芽吹の家に来たという設定。

今日も何本か「くま子」シリーズを話させられました。
中でも、ママの留守中に二人でクッキーを焼く話が大ヒット。
「くま子」は芽吹よりも少し大きい子で焼くシーンはくま子にやってもらいます。

芽吹は、
「芽吹も、お話みたいなこと本当にしたくなっちゃった。
でも、くま子は本当の子じゃないね。どうしよう。ママ、くま子の代わりに、お姉ちゃん連れてきて!」
と真剣に言っていました。

その他、くま子が芽吹の友達10人を公園で探す話もなかなかヒットでした。

秋の夜長、創作話に日々奮闘中の春泥です夜


星月夜子の気に入りのものがたり



posted by 春泥 at 00:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

幼稚園選び

4週間ぶりの更新です。

10月10日はマイバースデイでした。

今年は区切りの歳。

3連休で、近所の幼稚園の運動会に行ったり、友人に誘われて河原のカフェでお茶をしたり、とバタバタと過ごしてしまいましたが、

心穏やかな、秋晴れのよき日でした。

これからの日々も、心穏やかに送れますよーに。


ブログを更新できなかった大きな理由は、、、

芽吹の幼稚園選び。

去年から近所の幼稚園を回ったりしていたはずなのに、

こんなにギリギリまで迷うなんて。

今年になって、やはり一番近所の幼稚園に決めよう、と思っていたのに、

急に説明会で教育方針が合わずやっぱりやめることに。

春泥が幼稚園に求めるもの。

温かさ。泥んこ遊び。縦割り。子どもの考える力を伸ばしてくれるところ。

近所の幼稚園は、どれもいまひとつでした。

今は、まあまあ近所から送迎バスが出ているS幼稚園と、
電車で乗り換えもあるH幼稚園と、どちらか迷っています。

S幼稚園は、音楽・絵画・体育・泥んこ遊びに力を入れていて、縦割り保育も実施。全体的にバランスがよく、園長先生もとても温かい元気な方で、園舎も綺麗。
条件的には◎です。
強いていえば、自宅からは少し離れているので、遊ぶ公園も違うし学区ももちろん違いますが・・・。

H幼稚園は、以前も書いたことがありますが、毎日が田舎暮らしみたいなところ。遠足は田んぼの作業。運動会は裸足。常に、子ども達に少し難しい課題が出され、それをみんなで力を合わせて解決していきます。
親の懇親会も毎月開かれ、先生と保護者が一人ひとりの子どものことを真剣に考えるのだそう。子ども同士も、リーダーとはどんな人がなるのか、なんてことを真剣に話し合ったりします。
ただし、、、通勤ラッシュを通うか、ペーパードライバーの私が送り迎えをするか、、、。
ちなみにこの園、園舎がすごく古くて、いい俳句がいっぱい詠めそうな気配。


3年間の成長を思うと、後者にした時の成長が見てみたいけれど、前者だって十分ではないか、とか。日々堂々巡りです。

試験日は11月1日。

いい加減、結論出さなくてはいけませんな。
ひたすら、悩める母です。


それから、この3年半ほどかけて制作に当たって来た「トコトコ季語かるた」がついに校了に。11月初めには完成します。

今は、その制作作業が一段落し、販促活動の準備中です。

かなりいい出来です。楽しみかわいい



秋晴れや園長の木を削る音


DSC01381-1.JPG
posted by 春泥 at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。