2009年08月14日

絵本好き

蝉時雨がひときわ響き渡る季節。蝉の抜け殻があちこちに落ちていて哀愁を感じます。

これまでも、何度も書いていますが、春泥親子は大の絵本好きハートたち(複数ハート)
先日は、春泥の大好きな表参道の「クレヨンハウス」に2年ぶりに行って来ました。

ここは、言わずと知れた絵本専門の本屋さん。
ざくざくいい絵本が並んでいます。
有名作家のワークショップやサイン会もしょっちゅう行われる、
絵本好きには聖地のような場所。

その日は特にイベントのない日でしたが、夏休みということもあり、
とても混み合っていました。

芽吹のこれまでのヒット遍歴は・・・

0歳の頃初めて興味を示したのは確か、
「いないいないばあ」(松谷みよ子)
「かおかおどんなかお」
「じゃあじゃあびりびり」

1歳の頃は、
松谷みよ子あかちゃんの本シリーズ、せなけいこさんのいやだいやだの本シリーズ、
林明子さんの福音館あかちゃんの絵本シリーズなど。

2歳の頃は、
なんと言っても「バムとケロ」シリーズ。中でも、「さむいあさ」と「おかいもの」と「そらのたび」。
本人暗記して自ら読んでくれました。「かえってきたガラゴ」も大好きでした。
そのほかは、「いいからいいから」などナンセンスものも大好き。
2歳最後の頃は図書館通いをしまくっていたので(現在ちょっとお休み中)、
かなり幅広いジャンルの本を読みました。
安西水丸さんの「おばけのアイスクリームやさん」などもそこで出合った大好きな本。
荒井良二さんの世界はその頃春泥がはまった世界で、中でも
「いただきます」と「トントンドア」「バスにのって」が好きです。

そして、3歳の最近は、
なんと言っても「ぶたのぶたじろうさん」シリーズ!
この本は、1歳の頃クレヨンハウスで偶然スズキコージさんがサイン会をしており、
当時は知らなかったのにサインをいただくために買った本。
文字が多いので、幼稚園くらいまで無理かな、と思っていたのですが、
最近大はまり!
絵があまりなくても、言葉を聞いてイマジネーションを膨らませることが出来るようになったのかな。
テンポのよい言葉が楽しいみたいです。文中に出てくる歌にはでたらめなメロディーを付けて歌っています。

2年ぶりに行ったクレヨンハウスは、以前は知らない本ばかりだったのに、
今回かなり読んだことのある本があり、
絵本の世界に足を踏み入れたこの2年間を実感しました。
そして、「ぶたのぶたじろうさん」シリーズのサイン入り最新刊と
荒井良二さんの「えほんのこども」を購入しましたぴかぴか(新しい)

ついでに行った地下のレストラン。いつの間にかバイキングになっていて、ものすごく混んでいて、ちょっと寂しかった・・・。
デザートのケーキは激上手でしたかわいい


気になっていた本を一緒にテーブルで読んだりと、
大好きなクレヨンハウスで一日を過ごし、大満足の一日でした。
「親子で一緒に本を読める期間は短いものです」と店内にありましたが、
きっとそうだよな〜、と思い、あと3,4年の時間を目いっぱい楽しみたいと思いまするんるん

DSC01123-1.JPG

クレヨンハウス前のベンチにて。手には『ぶたのぶたじろうさん』ドコモポイントぴかぴか(新しい)


秋暑しぶたじろうさん最新刊





posted by 春泥 at 01:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

秋に入る

昨夜は千葉震源の地震がありました。
なんだか、関東地方では久しぶりのちょっと大きな地震でしたどんっ(衝撃)

ちょうどデパートの6階で食事をしていて、大人は食べ終わり、芽吹だけあと二口でご馳走様ドコモポイントというところでした。
横揺れがかなり大きく長かったですね。震度3より大きく感じたけどなー。
芽吹はほとんど初めての地震体験。
「ジシンをなーくして、なの」(アンパンマンの歌詞)とか、
「熊さんが持ち上げたんだね」
などと言っておりましたあせあせ(飛び散る汗)

地震はいくつになっても怖いです・・・。

そして、今度は大型台風。東京は嵐の前の静けさです。
被害にあわれた方にお見舞いを申し上げるとともに、これ以上被害が広がりませんように・・・。
(ちなみに、明日は堤防問題で町内にTBSの取材が来る予定なのですが〜)

最近の我が家のブーム。

なんと言っても?お菓子作り。
親子で作れるお菓子作りの本を購入して以来はまっています。
クッキーなどの焼き菓子各種、ブランマンジェ、クレープ、などなど。
芽吹はお手伝いと言っても、こぼしてあたりを汚したり、こねてぼろぼろにして大変な状況になったり、と怒られてばかりなのですけどね。

砂糖とバターの消費が急激に上がり、カロリー過多が心配ではありますが・・・。

ここのところの天候不順もあり、家で過ごす楽しい時間だったりします。

最近の芽吹
ぬりえでちゃんと枠の中に色が塗れるようになりました。
5月頃買った「3・4才 知恵」という本で(教育パパさん購入ー(長音記号2))出来なかった絵合わせやぬりえや迷路などがスラスラ出来るようになりました。この3ヶ月の成長にびっくり。

自転車もちゃんと乗れるようになりました。

英語は興味があるようで、「これ英語でなんと言うの」とよく聞いてきます。そして芽吹流の流暢な英語?で嬉しそうに話していたりします。
これは、字にならない芽吹文字を書いてくれるのと、同じ感覚なのでしょうね。

遊びでは、前の職場の方たちに出産祝いにいただいた「ピタゴラス」というおもちゃ。磁石で立体を作るのですが、必ず一日一回は出してきてやっています。

この間は、友人宅で5歳のmiyuちゃんに遊んでもらった芽吹。

DSC01102-1.jpg

幼稚園では今「ジュエルペット」というアニメがはやっているそうです。
「プリキュア」と並び人気だとか揺れるハート

まだまだ「アンパンマン」な芽吹ですが、いつかこんな女の子なアニメを好きになるのでしょうかね。


気づけばもう立秋。1週間ほど前から鈴虫が鳴き始めました。
盛夏はいづこへ・・・という感じの夏でしたね。
我が家のひまわりは8月4日に最初の一輪が咲きました。

DSC01111-1.JPG

鉢のひとつは満開&もうひとつはこれから、という感じ。
暦の上では秋ですが、夏にもあと一分張りしていただきたいものです。


ひらがなのページめくりて夜の秋







posted by 春泥 at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

キッザニアデビュー☆

なんと!!!
1ヵ月以上ブログを更新できませんでしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

更新できないどころか、ページのチェックもままなりませんでした。

遊びに来てくださっていた皆様、ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)

理由は、前回書いた通り一瞬落ち着いたと思った俳句の仕事が、一瞬でまたバタバタに戻り、今回はかなり精神的につらい出来事が重なり、
心身ともにハードな日々となってしまい、ブログまで行き着かずに日々過ぎておりました。

具体的に書けなくて申し訳ありませんが、そろそろ、落ち着きそうなので、またブログをぼちぼち復活したいと思いますかわいい

芽吹は7月6日に、3歳になりましたかわいい
最近は、本当にしっかりしてきました。

5月ごろより一時大好きだったクローバー(託児所)へ行くことを泣いて嫌がったり、春泥の姿が見えないとパニックになったりしていた芽吹ですが、それもようやく落ち着いて元の?芽吹に戻ってきました。

お誕生日は、家族三人で四万温泉&群馬サファリパークへ行ってきました。
バースデーふぅバースデーは、takaちゃん&ayaちゃん親子とアンパンマンミュージアムで、そして一時帰国したnobukoさん&reiくん親子と出来ましたハートたち(複数ハート)
一緒に祝ってくれてありがとうかわいい

DSC01015-1.JPG

DSC01091-1.JPG

お誕生日プレゼントプレゼントは12インチの自転車でしたるんるん
3歳は「お片づけ」「海で泳ぐ」「車の運転」が出来るようになりたいとのことですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)(夢は大きくぴかぴか(新しい)の我が家ですドコモ提供

七夕ではお飾りを作ったり、近所の盆踊りに行ったり、調布花火大会に行ったり、
元気に過ごしていますかわいい

たくさん写真も撮っていたのに、、、。
いつかブログで遡って紹介できたらと思います。


さて今日は、4月に春泥夫がチケットを取ってくれていた「キッザニア東京」に行ってきました。
キッザニアなんて、小学生くらいになってから、と思っていた春泥。
3歳からOKということでチケットを取ってくれた春泥夫も、ここのところの泣きべそ芽吹に心配をしていました。
一人でお仕事体験できるのだろうかexclamation&question

さてさて、どんな一日になったかというと・・・目

キッザニアは入替制で一部は9時から3時の6時間。
芽吹には長いなぁ、と思いつつ、ちょっと遅刻の9時20分に入場。

前もってHPなどで予習はしていましたが、とりあえず芽吹の希望を聞き、まずはパン工場へ。45分待ちで予約。
その間銀行へ行き、キャッシュカードを作ってもらい50キッゾのトラベラーズチェックを口座に入れます。

もちろん銀行は子どもしか入れないので、そこから芽吹だけで行動。
と言っても朝一の緊張した3歳児に係りのお姉さんは手をつなぎ一緒に並んでくださいました。

そこでちゃんとキャッシュカード作成と素敵なお財布をゲットし、少し自信を得た芽吹揺れるハート

200908010950000.jpg

トイレに寄ってパン工場へ。でもまだ春泥の手を離さず順番を待って並んでいます。大丈夫かな〜。

「ここは子どもの国だから、ママは入れないのよ。外で見てるからがんばって来てね!」と励まし、パン職人?のコスチュームに身を包み、笑顔で手を振ってパビリオンに入って行きました。

200908011029001.jpg

中では係りのお姉さんが、麦を持って粉の作り方から説明してる!
そうだよね〜。ここは15歳までOKの場所だし、夏休みの土曜日の今日は、小学生以上が大半を占めています。

そんなお兄さん、お姉さんに混じって、神妙な顔つきで説明を聞き、
生地をこねて25分の作業を無事終え、お土産の焼きあがったミニクロワッサンとお給料も頂きしっかりと笑顔で帰ってきた芽吹。

なんだか、思わずウルウルしてしまいました〜ぴかぴか(新しい)

その後は割りと順調に、

「病院で新生児のお世話」
「化粧品会社でメイクしてもらう」(お客さん役。小学生のお姉さんにメイクしてもらいましたキスマーク
「動物病院で犬のお世話」
「デザイン教室で自分の絵をシールにしてもらう」(生徒役)
「お給料を使ってデパートでお買い物」

などなど、大きなお兄さん、お姉さんに混じって一生懸命がんばりましたぴかぴか(新しい)

200908011139000.jpg

200908011338000.jpg

残り30分となった時、スポーツクラブのキックダンスの生徒であと1名空いている、というところを声をかけられ、入ったのですが、疲れてきていたところに大音量にびっくりして号泣。どうしても涙が止まらず出てきてしまいました。仕方なかったね・・・。

最後にお土産を買ってタイムオーバー。
6時間、立派にお仕事体験をした芽吹なのでした。

ちょっと3歳なりたてには早かったかなぁ、と思うものの、想像以上にがんばった姿にほっ。
キッザニアの職員の方たちは子どもの扱いが素晴らしく、ひときわ小さい芽吹も子ども扱いせず、ユニフォームはまずは着られるまで見守る、出来ない時だけ手を貸す、そういった細部にわたる心遣いも、芽吹ががんばれた理由のひとつだったと思います。

きっとこれからも何度もチャンスはあるでしょう。
80ものパビリオンがあり、大きくなればなるほど面白くなりそうだし。

今度はお友達と一緒に行くのもいいかもしれないね。
そして、将来の夢を見つける日を、母は楽しみにしているよ黒ハート

帰りの車では、爆睡の芽吹なのでした眠い(睡眠)

(なんとカメラを忘れるという大失態。携帯で撮った写真で画像がかなり悪くて残念あせあせ(飛び散る汗)

雲の峰子のだぼだぼの仕事服

posted by 春泥 at 01:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ようやく

今日は梅雨晴間の暑い一日でした晴れ
春泥と芽吹は汗ダラダラになりながら、自転車であちこち用事を済ませに行っていました。
なんたって、貴重な晴れの日ですものねあせあせ(飛び散る汗)

図書館にも行ったのですが、返す日が7月7日と言われドキッ。
芽吹の誕生日まで2週間切ったのですね。
2歳もあと少しになりましたかわいい

ご心配をおかけしました父の容態も、順調に回復し、集中治療室から普通病棟に移りました。検査の結果次第でもうすぐ退院できるかもしれないとのこと。今回は心臓が一時危なかったのですが、発作が起きたのが病院でだったので、運がよかったようです。よかったよかった。

春泥の原稿も締め切り前に無事提出し、久しぶりに一息。
通常営業モードに戻りました。
あとはボチボチ、幼稚園の説明会などが入っていますが・・・。

先週は、中学高校時代の友人のtakakoの家に遊びに行って来ました。
もう一人同級生と伺ったのですが、takakoは3番目ではありますが、全員子供も同級生。幼稚園選びの話に花が咲きました。

DSC00894-1.JPG

takakoが上のお子さん2人と下のお子さんも通わせる予定の幼稚園のお話を聞きましたが、その幼稚園が素晴らしいのです。

子供たちが自らお米を作って、田植えから案山子作りから、収穫まで。
動物を育てたり、とにかく土や自然に親しむ。
また、リーダーの決め方がユニークで、通常「なりたい子」にさせるのが一般的なところ、その幼稚園では子供たちにリーダーの条件を考えさせるのだそうです。
「約束を守れる子」「忘れ物をしない子」「困っている子を助けられる子」「元気に挨拶ができる子」・・・。
その条件を満たす子を探して子供たちが決めるのだそうです。
そして、3年間で全員がリーダーを経験するようにさせるとか。

幼稚園児の記憶なんて、すぐ消えてしまうかもしれません。
でも、三つ子の魂百まで・・・。初めての集団生活でそんな社会が経験できたら、それは素晴らしいことだなぁ、なんて思ってしまいました。

ちなみに、その幼稚園は入園テストで子供を選別することはできない、という考えで、希望者は基本的に入れるそうです。

問題は、週4日お弁当なことと、家から電車を乗り継いでいかねばならないこと。満員電車に乗って通わなくてはいけないのですよね・・・。

近くの幼稚園で良しとするか、、、悩みどころです。
この幼稚園も9月に見学会があるとのことで、見に行って見ようと思いまするんるん

最近、託児所に預けられるといつもしばらく泣いているという芽吹。
今までは泣いたことなんて一度もなかったのに。
癖がついてしまったかのように、毎回泣いてしまうようです。
途中から気持ちを切り替えられるようなのですが・・・。
幼稚園を楽しみにしている芽吹にもしやと思い、
「幼稚園はママは行かれないんだよ」と言うと、かなりショックを受けていましたたらーっ(汗)

大声で歌ふ幼子梅雨晴間
posted by 春泥 at 23:23| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

向日葵の種

芽吹には、そろそろ何かを育てる経験をさせてあげたいなー、と思っていたところ、
春泥夫も同じ事を考えていたようで、先日、向日葵の種を買って来ました。

植物系はすぐ枯らしてしまう春泥。道に咲いている草花は芽吹にも教えていたのですが、やはり一緒に育てることは大切!

週末種を植えたところ、3日ほどで芽が出てきました。
そしてグングン大きくなって!

DSC00872-1.JPG

こんなに順調に育つなんてちょっと感激。
1週間目に間引きも完了し、あとはお花が咲くのをじっくり待つばかり!
家族が増えたような気分です。
(一緒に植えたペパーミントは1週間経っても芽が出ず。なぜ〜たらーっ(汗)


話は変わりますが、相変わらず図書館通いを続けています。
もう7,8回通ったので、80冊くらい読んだことになるかな?

たくさんの面白い絵本に出会ったのですが、
中でもお気に入りは、荒井良二さんの絵本
最初見た時は、なんて絵なのexclamation&questionと思いましたが、
その描かれる世界が素晴らしく、後から知ったのですが、
絵本のノーベル賞?とも言われるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞された方なのだそうですぴかぴか(新しい)

そして、その後気付いたのですが、NHK教育テレビで放送されている、
「スキマの国のポルタ」の絵も荒井良二さんの絵だったのですね。
なんてボケボケの春泥〜あせあせ(飛び散る汗)

とにかく本当に、どの本もすごい力があります。久しぶりに恋に落ちた気分です!

こんな感じで日々過ごしている春泥ですが、
実は先週、春泥父が緊急入院しました。まだ集中治療室に入っていますが、精密検査の結果、原因も分かり最悪の状況は免れたようです。


春泥も、集中治療室に入ったのは初めてでしたが、重篤患者がベッドを並べ、もちろんテレビなどはなく、昼夜問わず電気がついていて、唸り声も聞こえたりして、父も一時精神的におかしくなってしまいました。その後少し落ち着いてきたようですが・・・。

病気はホンとに怖いです。手術も控え入院は長引きそうですが、頑張って早く元気になってもらいたいです。


母先に着いてゐる駅濃紫陽花

posted by 春泥 at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅雨入り!

2週間ぶりのブログ更新です・・・。

・・・と言っても、ひと段落したわけではなく、
でも、なんとか書いておかなくっちゃ、と時間を作りました!
書きたいことがいっぱい溜まっています〜。
何から書こう・・・。
(二本に分けて書きまーす!)

いつの間にか関東地方も梅雨入り。
大好きな額紫陽花が鮮やかに目を楽しませてくれます。
紫陽花は日本が原産の花。

数日前に、新しい電子辞書を買いました!
今度の電子辞書は、タッチペン式、音声機能式、そしてなんとオールカラー!!すごいのは、鳥の声が聞けちゃうことなのです。
ジャパネッ○○か○で前の電子辞書も下取りしてもらえたので、少し高かったのですが、思い切って購入!
これで吟行でも花の名前など、すぐ調べられますー。
ちょっと重いのですけど、そこは仕方ないですね〜。

梅雨入り間際の、五月晴れの一日、
taka&ayaちゃん親子と、砧公園へピクニックへ行ってきました。

ビニールシートにランチを並べて、木漏れ日の中気持ちよかった〜。
まだまだボール遊びなどは上手く出来ない子供たちですが、
順番に蹴ってみたり、しゃぼん玉をしたり、たこ揚げをしたりして楽しみました。

二人で大声で「あいまいまいん」の替え歌を歌ったりしてました。


ママ同士は中学時代からの友だち。
こんな日が来るなんてねぇ、と改めて感慨深く思ってしまった。
もっともっとこれから色んなことが出来るようになるね。
これからも、二人の成長をずっと見守って行きたいものです。


風の香を集めて小さきふたりかな

DSC00843-1.JPG





posted by 春泥 at 23:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

出遅れた〜

またまた久しぶりの更新です。
俳句カルタの制作に、年に一度の冊子発行、通常の活動、その他夜の句会のお誘いや、原稿依頼などもいただき(難しいテーマでっあせあせ(飛び散る汗))、俳句の仕事が一挙に押し寄せて、芽吹が寝た後深夜までその作業に追われている日々。

そんなバタバタな日々にかまけて、うっかりしておりました!
そろそろだなぁ、とは思っていたのですが、出遅れてしまった。
それは・・・芽吹の幼稚園選び。

6月から説明会・見学会が始まることは分かっていたのですが、まさかその申し込みが5月の中旬から始まり、数日で満員になってしまうなんて・・・。

たまたまばったり会ったnaoちゃんママから聞いて、慌ててE幼稚園の説明会へ連絡したところ、第一回の説明会はすでに満員。第二回の日程は別のF幼稚園と同じ日で同じ時間ではないですか。
がーん。
もう一つ、一応話だけでも聞いておこう、と思ってD幼稚園のHPをチェックしたところ、そこも既に5月の見学会は定員に達しましたとのこと。

説明会にも定員を設けるなんて、なんか悲しいたらーっ(汗)
その他の幼稚園は申し込みの必要はなしというところが多いのだけれど、二つの幼稚園に間に合わなかったダメージが大きくて、急に色々考えてしまった。

今までは、幼稚園は近くの幼稚園、小学校も近所の公立で、と思っていました。それは春泥も春泥夫もそうだったわけで、色んな子どもがいて小さな社会があって、もちろん共学だし。受験、という経験は子どもにとって大きな成長をする機会とも言えるし。
お受験をして裕福な子どもだけの社会で、また女の子だけの中にどっぷり浸かってしまうのは、ちょっと違うんじゃないか・・・と思ったりもしていたのです。
もちろん、そういう環境に育っても、とっても素敵な大人になっている人は何人も知っているのですけどね・・・。

でも、この世知辛い時代に、そんな悠長なことを言っていていいのかしら。いつかは受験するならば、今のうちに済ませてしまうとか・・・。
いい学校は、やっぱりいい先生やいいお友達がいるし・・・とか。
急にそんな考えが沸々と浮かんで来てしまった。
最近、春泥夫の会社の先輩が突然事故で亡くなったことも、考えに影響したのかもしれません。親にいつ何が起こるかわからないから、早めに進路を決めてあげたほうがいいかもしれない、とか・・・。

春泥夫は、相変わらず「近くの幼稚園でいいんじゃない」とのこと。

一気に振れた振り子を、戻してくれた一言でした。
でも、実は一校だけ、あせって超有名私立幼稚園に見学に行くことにしてしまったので、そこは見に行って来ます。それで、どう感じるか、考えてみるのも悪くないかな、と。そこにはきっと幼児教室などに通わないと受からないのでしょうけれど。そんな予定は全くないけど。

近所に、野生児のように土に親しませてくれて、出来れば仏教かキリスト教か信仰があって、延長保育や課外活動もあったりする幼稚園があったら、一切迷わないんだけどなぁ。
世の中そんなに上手くは行かないのですよねふらふら

これから秋までしばらく、落ち着かない日々が続きそうです。


最近の芽吹かわいい

絵本のフレーズを覚えておもちゃのピアノで弾き語りをします。
「なぜかって言うと〜」が口癖で、色々と行動を説明してくれます。
しまじろうの妹「はなちゃん」が大好きです。
相変わらず発想が面白くて、自分で考えてアレンジするのが好きです。
たとえば、体操教室でポールをくぐって進む運動を何度かした後はその上を尺取虫のように越えてみたりとか。
平仮名はだいぶ読めるようになりました。
数字は時々怪しいです。1と7をよく間違えます。
20まではほぼ数えられます。
パジャマのボタンはひとりで掛けられるようになりました。
お団子が何より好物です。
お絵かきも相変わらず好きで、先日は「ママと芽吹がベッドで寝ているところ」を書いてくれました。
ひとりにされることが何より怖いようです。
まだまだ春泥や春泥夫の言葉を素直に信じてくれます。この間は、
「これは『めーちゃん静かにしてください』と書いてあるんだよ」と春泥夫に騙され信じていました。
そのうち、親の言うことに反抗したりする日が来るのでしょうね。そう思うと、とっても愛しい2歳10ヶ月児なのでした。

DSC00831-1.JPG

近所で雑貨と天然酵母のパン屋さんなどのマルシェが開かれて行ってきましたるんるん


薫風やスコーンのすぐに売り切れて

posted by 春泥 at 23:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

東京おもちゃ美術館

若葉が目にまぶしい今日この頃。
急に予定がなくなった金曜日、あまりに気持ちのいい五月晴れだったので、芽吹とふたり前から気になっていた「東京おもちゃ美術館」に行ってきましたかわいい

四谷にある2年前に廃校になった小学校と幼稚園の建物をそのまま使い、NPO法人日本グッドトーイ委員会が運営するとても素敵な美術館です。(美術館自体は20数年前より別の場所で運営していて引っ越してきたそう。)

質のいいおもちゃがたくさん自由に遊べて、工作や読み聞かせの時間もあり、1日たっぷり遊ぶことが出来ました。
小学校の2階と3階が美術館、1階は区民の使える部屋になっていました。帰りはかつての幼稚園の園庭に残された遊具でひとしきり遊んで帰りました。
どんどん建物が壊されマンションや商業施設になって行く春泥の近所から比べて、とてもほっとする空間でした。
たくさん企画があるようで、また行ってみたいな。

DSC00806-1.JPG

入口の壁には一口館長(寄付者)の名前が刻まれた木枠がぎっしり。

DSC00813-1.JPG

おままごとコーナーでは延々と遊んでいました

DSC00814-1.JPG

工作は2歳児でも作れる楽しいものでした

DSC00817-1.JPG

ボランティアの方による絵本の時間


久しぶりに最近の芽吹ドコモポイント

芽吹はあと2ヶ月足らずで3歳です。
最近は本当にお姉さんになってきて、
「ママ、ちゃんと夕ごはん作ってね」と言ってみたり、絵本やテレビの一節を織り交ぜつつひとり遊びをしたり、やることが複雑になってきました。
絵本も4,5才向けの本も、理解度はどこまでか分かりませんが最後までちゃんと聞いているようになりました。(図書館通いまた続けています^^)

立て続けに託児や春泥夫に預けたためか、「ママいない恐怖症候群?」は激しくなり、先日はとんでもない出来事が!!
リズミックに行く途中、ドラッグストアに寄った時のこと。
春泥が商品を探している隙に芽吹は違うレーンへスタスタ。
その直後芽吹が「ママ、どこー?」と探しています。
いつものように、お店をグルグル回り戻ってくるものと思っていたところ、ものすごい勢いでお店を飛び出し道路へ。慌てて追いかけたのですが、道路からすぐ前の踏み切り目掛けて走っているではありませんかあせあせ(飛び散る汗)
大声で呼び止めて、なんとか事なきを得ましたが、一歩間違っていれば大事故になっていたかも。パニックを起こしていたようです。本当にあせりました。何事もなくて本当に良かった…。

リズミッククラスは3歳児クラスになり、プレぴあのクラスにグレードアップ。
今は、お友だちの前で自由に鍵盤を叩き、ピアノのyumiko先生が素敵な伴奏をつけてくださいます。
高い音と低い音を聴いて、動物に例えたり、とにかく音を体で感じ聴いてもらう喜びを身に着けさせるのが目的のよう。

子どもによって奏でる音にはカラーがあり、しっかり大きな音で弾く子、ジャズっぽく弾く子、リズムを正確に奏でる子、、、色々です。
芽吹は、表情たっぷりにやさしく奏でていますハートたち(複数ハート)

子ども達が表現した音の言葉「カンカンカン」「ダンダンダン」などを絵本作家でもあるharuko先生が紙芝居にしてきてくれたり…。

いっせいにドレミファソラシド、と音階を覚える教育とは違い、感性に訴えかける教育法だと思います。
今は鍵盤をただただ叩くだけの芽吹ですが、将来自由にピアノを奏でられるようになってくれたら嬉しいな。(春泥は途中で挫折したので…)



緑陰を踏んでどこの子も育ちゆく



posted by 春泥 at 23:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

天草旅行

GWが終わり、日常が戻りました。
気づけば立夏も過ぎて暦の上では夏眼鏡
若葉雨雨の続く東京も明日からはようやく晴れ晴れ。そして夏日になるとか!

GW我が家は春泥の句友minakoさんの住む天草へ、3泊4日の旅行に行ってきました飛行機

minakoさんは天草でも有名な蒲鉾屋さんの女将さん。看板商品の「天領」は、今までの蒲鉾のイメージを覆す、素材にとことん拘った本当に美味しい蒲鉾です。天皇杯も取られたとのことぴかぴか(新しい)

今回は宿の手配から食事、観光スポットまでアドバイスいただき、とても充実の旅となりました。

天草へは羽田から福岡空港へ行き、プロペラ機に乗り換え。
天草空港は7年前に出来たそうですが、35分ほどで着くので本当に便利になったものです。(以前は船と電車)

朝11時に家を出て着いたのは16時半。…とは言えやはり長旅です。
東京はお天気だったのに天草は小雨。
途中レンタカー屋さんでサプライズのお出迎えをしてくださったminakoさんご夫婦。仕事着の二人を拝見するのはなんだか新鮮。
とっても仲の良い素敵なご夫婦です。
突然発生した台風の影響で翌日まで雨とのこと。なんってこと〜ふらふらずっと天気予報は晴れだったはずなのにたらーっ(汗)

その日は宿にチェックインして夕食、温泉に入り就寝。

翌朝は予報通り雨。
道路が混むので一度は行くのを断念していた天草上島にある「天草四郎メモリアルホール」へ。雨のためが意外とスムーズに行って来られました。「天草・島原の乱」でわずか17歳で総大将となった天草四郎をテーマにした資料館で、まずは歴史のお勉強。とても分かりやすくて面白かったです。
お昼はminakoさんイチオシのお寿司屋さん「奴寿司」へ。
おまかせにぎりが3680円だなんて、本当にあり得ないぴかぴか(新しい)
感動モノの美味しさで、これ東京だったら5倍はします。ホント。

その後一度宿に戻り、春泥夫は床屋さんへ。髪を切りに行く時間がなくて、よく旅先で切るのです・・・。その間春泥と芽吹はminakoさんご夫婦のお店へ。minakoさんのお家に行くのを楽しみにしていた芽吹に「いらっしゃいませ〜」ってやってるんだよ、と話したら、大喜び。お店屋さんごっこが大好きなお年頃です。
接客や経理のお仕事をされながら、私たちのお相手もしてくださって、長居すること2時間半。かなりお仕事の邪魔してしまったかも。嫌な顔一つせずに楽しくお話してくださって、ほんとに居心地よかったんですものー。ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

DSC00683-1.JPG

DSC00691-1.JPG
絵本まで読んでいただきました♪

minakoさんに送っていただき春泥夫の待つ宿へ。春泥夫は結局その日は散髪せず。その日は月曜日で床屋さんがお休みだったのですって。

結局翌朝床屋へ。またしても別行動。でも宿もお店も街中なので散策には便利。翌日はようやく晴れて雨あがりで気持ちいい。
またお店へ寄ってから、千人塚〜殉教公園〜妙徳寺とお散歩。「天草・島原の乱」では激戦地だったという本渡の町の歴史をたどりました。
妙徳寺で散髪を終えた春泥夫と合流。妙徳寺はキリシタンの弾圧が解けた後に作られたお寺。でもお地蔵様の顔が西洋人の顔でびっくり。
その後、是非にと勧められた丸尾焼のお店へ。天草はとても焼き物が盛んなところで、センスもとってもいい!久しぶりに焼き物好き魂に火がつき、たくさん買ってしまったexclamation
中庭は芝生で素敵なテーブルがありお茶とお菓子のサービスもあり。家族が買い物をしているのを待ったり、買い物が終ってひと息ついたり出来るのも素敵です。

DSC00720-1.JPG

お昼はまたまたお勧めの「たいと」というお寿司やさんへ。
こちらも美味しかった揺れるハート

その後本渡を離れ、イルカウォッチングへ。
野生のイルカと共存しているという天草。クルーザーで沖へ出て、たっくさんのイルカたちに会いました。芽吹もしっかり見ることが出来るくらいたくさん出てきてくれましたよるんるん
最高のお天気で光る海がキラキラし海風も気持ち良かった晴れ

DSC00740-1.JPG

途中雲仙から飛んで来たというおっぱい岩を見たりしながら、西海岸の今日の宿へ。

DSC00733-1.JPG

サンセットがすごくキレイで有名なところで、夕日を眺めながらお散歩。

DSC00756-1.JPG

宿もとてもセンスが良くて薔薇風呂、美味しいお料理を堪能。

そして最終日。
西海岸に点在する教会・資料館めぐり。
「五足の靴」で有名な北原白秋や与謝野寛らが歩いた文学遊歩道入口の記念碑を見た後、大江天主堂、天草ロザリオ館、崎津天主堂、天草コレジョ館をめぐり、再び本渡へ。

DSC00768-1.JPG

DSC00771-1.JPG

DSC00775-1.JPG

お昼はminakoさんご夫婦これまた絶賛のイタリアン「トラットリア・ラ・モト」へ。以前東京・赤坂でもお店を出されていて取材を何度も受けたというのも頷ける美味しさでした。

夕方の飛行機まではまだ時間があり、島をドライブしてまわり、最後にもう一度minako さんご夫婦のお店へ。

短い滞在の別れを告げたのでした。お二人には細かいところまで気を配っていただき、何から何までお世話になりました。ありがとうございました。本当に楽しい旅行でした。
またお会いしましょうね手(パー)揺れるハート

天草って東京ではあまり知られていない島ですが、歴史あり海あり温泉あり、そして肥後の人はとってもあったかいけんいい気分(温泉)、もっともっと知って欲しい島だと思います。(ちょっと遠いけど)
minakoさんのブログhttp://yaplog.jp/sakuragai-575/では、
素敵な天草の風物詩が紹介されています。
蒲鉾は天下一品ですので是非ご賞味あれかわいい


海も山も君住む町も夏に入る




posted by 春泥 at 23:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

緑さす

久しぶりの更新です。
2006年4月19日(よい句の日)より始めたブログも4年目に突入。
ずっと月4回以上の更新を自分に課して続けて来たのに、
ついに記録途絶える…。今月は3回の更新になりそうですたらーっ(汗)
がっくりバッド(下向き矢印)
気づけば葉桜が日に日に緑を濃くし、眩い緑さす季節になりました。
花粉もまだまだありますが、いい季節ですねかわいい

この2週間、元気に過ごしていたのですが、以前より進めている「俳句カルタ」の制作が佳境に入り、毎晩深夜まで打ち合わせメールに追われていたり、句会が3回あったり、近所の中学校の体育館を借りて開催されている親子体操教室が始まったり、後輩の新居に遊びに行ったり…。なんだかかんだか・・・とっても慌しい日々でした。

今まで三茶に預けていた芽吹の託児所ですが、近所のクローバーという託児所に預けることが出来るようになりました。(今まで人気のため受付待機状態でした。)
家から駅に向かって5分ほどのところで、またロハス主義のユニークな方針も評判で、とても嬉しい春泥です。
平日の句会は夜のことが多く、今は出来るだけ控えたいのですが、時々はマストで参加しなければ、という場合もあり、母に預けることが難しい日は8時半までなら預かってもらえるので、後は春泥夫サマにお迎えをお願いすることになります。
皆を巻き込んで、本当に心苦しいのですが、幼稚園にあがったら規則正しい生活を優先させてあげたいので、しばらく夜は無理かなぁと思うところもあり、あと一年、甘えさせて頂いています・・・。

また、最近は図書館ブーム。絵本の好きな芽吹は図書館が大好きになり、毎回親子二人で借りられるMAXの10冊を借りてきます。
(もう3回ほど通いましたハートたち(複数ハート)
10回通ったら100冊exclamation&question今まで図書館は歩くと40分ほどかかるので、遠くてほとんど行っていませんでしたが、気候も良くなり電動自転車ですいすいー晴れ
何より、今まで買っていた絵本が、タダでいくらでも借りられるなんんて。宝の山みたいなものですぴかぴか(新しい)
春泥の家からはどの児童館・図書館も遠く、小さい子どもだけでは通えない距離にあるのは悲しいことですが、今は大事な親子の時間、こんな楽しみ方もいいな、と思い直しています揺れるハート

最近、小学生のママさんより、反抗期の話などを聞き、大変ですがママ命でいてくれる今の時間を大事に過ごそう!と改めて思った春泥なのでした。

葉桜や母の口癖子が真似て


DSC00622-1.JPG

DSC00625-1.JPG

春泥家の上の階に住むCHIAKIちゃん。時々ばったり会って、踏青を楽しみます☆エンドレスですあせあせ(飛び散る汗)
posted by 春泥 at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。